煙の出ない(スモークフリー)の加熱式タバコKT&G「lil HYBRID」(リルハイブリッド)の口コミ・評価レビュー

IQOS(アイコス)の販売で有名なフィリップモリスジャパンから、
2021年2月に全国で販売が開始された煙の出ない(スモークフリー)の加熱式タバコKT&G「lil HYBRID(リルハイブリッド)もうコンビニなどで見かけたかたも多いのではないでしょうか?

従来の加熱式タバコとは一味違う方式を採用していて、第5の加熱式タバコ」とも呼ばれるlil HYBRID(リルハイブリッド)、この記事ではリルハイブリッドの口コミや、そもそもKT&G「lil HYBRID(リルハイブリッド)ってどんな製品なの?」という方にもわかりやすく紹介していきます。

KT&G  lil HYBRID(リルハイブリッド)とは?

「ハイブリッド」を名に冠していることからわかる通り、KT&G lil HYBRID(リルハイブリッド)には加熱式タバコで採用されている2つの方式が搭載されています。

「IQOS(アイコス)」と「プルームテック」を足したもの、と言えばわかりやすいでしょうか?

タバコスティック+リキッドという二刀流で、加熱したタバコスティックの中を、気化されたリキッドが通ってくる仕組みです。

 

アイコスほどたばこ感はなく、リキッドが使用されているので全体的にマイルドな味わいになります。

 

がっつりとたばこを味わいたい人には向いていませんが、たばこ特有のいがらっぽさなどはいらない、でも満足感は欲しいという人には最適なデバイスとなります。

 

また、アイコスやグローなどのユーザーで、「掃除が面倒だ」と感じていた人には朗報です。

lil HYBRID(リルハイブリッド)はメンテナンスフリーというのも大きな特徴なのです。

 

なぜなら、lil HYBRID(リルハイブリッド)の専用タバコスティックの両端にはフィルターがついていて、たばこ葉が外には出ない仕組みになっているからです。

lil HYBRID(リルハイブリッド)は体に害がある?

 

リルハイブリッドも「たばこ」であることには変わりません。

ですからまったくの無害というわけにはいきませんが、従来の「加熱式タバコ」と同様に、「紙巻きたばこ」とくらべ、かなり有害物質は抑えられています。

 

そしてリルハイブリッドは、他の「加熱式タバコ」よりもおそらくは害が少ないと思われます。

 

喫煙者の多くが心配する「タール」の発生量は、公式に発表されていないので詳しい数字はお伝えできませんが、おそらく「アイコス」などに代表される他の加熱式タバコよりは少ないと思われるからです。

 

その理由として、一般的にタールは加熱温度が高くなるにつれて発生する量が増えるのですが、アイコスの加熱温度が300∼350度、グローは240∼280度、プルーム・エスで200度なのに対し、リルハイブリッドは「160度」と低めの温度設定にされているからです。

 

さらに先ほども触れましたが、「たばこ葉が外には出ない」仕組みになっているので、デバイス内に残った燃えカスがいつまでも加熱されるという状況が起こらないというのも、他の加熱式タバコよりも害が少ないのではないか、という理由です。

KT&G  lil HYBRID(リルハイブリッド)の口コミ・評価

ネット上でのlil HYBRID(リルハイブリッド)購入者の口コミを集めてみました。

良い評価もあれば、もちろん悪い評価もあります。

購入の参考にしてください。

良い評価

  • アイコスとくらべて独特の匂いが少ない
  • リキッドを使用しているからか、吐き出す蒸気が多くて満足
  • 掃除から解放された!
  • ディスプレイがあるからわかりやすい

 

いまいちな評価

  • 吸いごたえが弱い
  • なんだか味が甘くて好きじゃない
  • タバコスティックとリキッド、両方買わないと吸えないからコスパが悪い
  • 本体がでかいのが気になる…

 

lil HYBRID(リルハイブリッド)本体には非常にわかりやすいディスプレイが搭載されています。

バッテリー残量はもちろん、待機時間のカウントダウン、残りのパフ数(吸える数)やリキッド残量も表示してくれるのです。

 

このディスプレイが気に入っているというユーザーがかなりいました。

 

また、悪い評価では、吸いごたえが弱いという意見が多く、プルームテック以上アイコス未満という評価が見られました。

 

タバコスティックとリキッドが別売りなのもマイナス評価に繋がっているようで、この点はリルハイブリッドの大きな弱点と言えます。

lil HYBRID(リルハイブリッド)まとめ

やはりタバコスティックとリキッドが別売りという点に不満が集まる結果になりました。

プルームテックのように同梱にすればこの問題もクリアできるのですが、いまのところその予定はないようです。

 

なお、タバコスティックが500円、リキッドは60円で販売されているので、他のデバイスにくらべると数十円高くなってしまいます。

ですから、「たばこ代を抑えたい」という人にはlil HYBRID(リルハイブリッド)はおすすめできません。

 

逆に「加熱式タバコ独特の匂いが嫌い」「面倒な掃除はしたくないからメンテナンスフリーがいい」「喫煙時の喉の刺激を少なくしたい」というメリットがあれば少々のコストパフォーマンスの低さには目をつぶれる、という人にはlil HYBRID(リルハイブリッド)はおすすめできる製品です。

 

欠点もありますが、多くの利点もあるリルハイブリッドは、第5の加熱式タバコとして、市場に挑戦してきたデバイスと言えるでしょう。

VAPEのおすすめはParfum(パルファン)


電子タバコは最近注目されるようになり、アイコスなど電子タバコの中では有名かつ人気なものもあり、その商品の数も増えつつあります。

VAPE(電子タバコ)には色々種類があって、いざ電子タバコを吸おう!と考えても、種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね?そこで今回おすすめしたいのが、Parfum(パルファン)という電子タバコです。

Parfumはこちら

電子タバコは人によって使いにくかったり、「イマイチ」だと思う方もいるかもしれません。
ですがパルファンならそういった不満なく、ガツンと喉にくるキック感や爆煙がまるで本当のタバコのように楽しめます。

Parfumは、ニコチンやタールなどの有害な成分が全く含まれておらず、5種類の香りを楽しめる魅力的なアイテム。
さらに品質管理が徹底されており、厳しい検査の下で国内製造されています。そう考えると、パルファンは安心安全の電子タバコとして楽しむことができます。

パルファンの詳細はこちら

おすすめの記事