Easy VAPE Rainbow (レインボー)の口コミやカートリッジまとめ

 

今回の記事は、軽くてコンパクト、メンテナンスいらずで人気の「Easy VAPE Rainbow (レインボー)」のご紹介です。

カートリッジも「プルームテック対応カートリッジ」が加わり、ますます需要が高まっていますが、スペックや使い方を踏まえながら、ユーザーの口コミなどをお伝えしていきます。

Easy VAPE Rainbow (レインボー)のスペック概要

サイズ 100*20*10.5mm
重さ 20.7g(カートリッジ含む)
コイル抵抗値 1.8Ω
バッテリー容量 400mAh
充電ポート microUSB
カートリッジ容量 1.8ml
リキッドチャージ トップフィル
価格 2,480円(2021.7時点)

Easy VAPE Rainbowは持ち運びに便利なPod型タイプの電子タバコです。
コンパクトで、重量もかなり軽いです。
Pod交換タイプなので、メンテナンスが一切不要。ここがPod型VAPEの長所です。

 

また、もう一つPod型のメリットを挙げるなら、手軽にフレーバーを変えられるという点です。
例えば、会社では、メンソール、自宅に帰ったらベリー系などのフレーバーを吸いたい場合、通常のVAPEだとメンソールリキッドがなくなるまで吸い終わってから、ベリー系のリキッドを補充しなければならず、面倒ですよね。Pod型であれば、リキッドの残量に関係なくベリー系のリキッドが入ったPodに差し替えるだけなので、手軽に色んなフレーバーを楽しむことができます。このような拡張性の高さはPod型の大きなメリットです。

抵抗値については1.8Ωということで、若干ミスト量は抑えめになりますが、バッテリー容量を考えるとこれ以上は難しいのかもしれません。

充電はmicroUSBで、高速充電には対応していないので、最大でも1.5Aまでの充電器を使用してください。

Easy VAPE Rainbow (レインボー)の使い方

Easy VAPE Rainbow にはボタンやスイッチといったものはありません。

「オートファイア機能」といって、吸い込んだ際に自動で電源が入ります。

カートリッジにリキッドを充填したらセットして吸うだけなのでシンプルですね。

カートリッジは使い捨てなので、寿命が来たら捨て、新しいカートリッジに交換するだけなので面倒な掃除やメンテナンスが必要ありません。

新品のカートリッジには接合部分に「絶縁シール」が貼ってあるので、必ずはがしてから使用するようにしてください。

リキッド充填時の注意点

カートリッジにリキッドを充填する時にはひとつ注意点があります。
シリコンのカバーがついているのですが、必ず「完全」に取り外してください。

シリコンカバーはカートリッジの2つの穴を塞ぐ形でついているのですが、片方だけ外してリキッドを入れようとすると、空気の逃げ道がなくなり、内圧の関係からリキッドが漏れ出してしまいます。ですから必ずシリコンカバーは完全に外しましょう。

リキッドを入れる量についても注意してください。
満タンまで入れずに、少し余裕を持たせて7~8割くらいで抑えるようにしてください。

 

他のVAPEと同様、新品のカートリッジを使用する際は、コイルにリキッドを十分に浸透させるために、5~10分ほど時間を置くこともお忘れなく。

Easy VAPE Rainbow (レインボー)のカートリッジ

Easy VAPE Rainbow (レインボー)の交換用カートリッジには2つの種類があります。

ひとつは「ノーマルカートリッジ」(右)で通常通りのリキッドを楽しめるタイプ。

もうひとつは「プルームテック対応カートリッジ」(左)で、プルームテックのタバコカプセルを装着して、ニコチンも摂取できるタイプです。

いずれも5個セットでAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどで購入できます。

価格はおおよそですが、ノーマルカートリッジが1,500円、プルームテック対応カートリッジが1,680円ほどで販売されています。

プルーム・テック対応カートリッジの詳細

 

プルームテック対応カートリッジはRAINBOWの先にタバコカプセルを取り付けられるカートリッジです。マウスピースがノーマルに比べて長くるため「高さ」があります。

ですから本体に取り付けると少々全体の長さが気になりますが、お好みのリキッドでタバコカプセルを楽しむことができるという利点で、発売以来人気を集めています。

パッケージはEasyVAPE RAINBOWと共通デザインでパッケージの箱の中にはスポンジに保護されたカートリッジが5つ入っています。左側のパッケージ画像の写真左がプルーム・テック対応カートリッジで、右がノーマルカートリッジです。写真からも高さの違いがわかると思います。

プルームテック対応カートリッジの使い方

使い方はとても簡単です。通常のノーマルカートリッジをRAINBOW本体から引き抜き、たばこカプセル対応カートリッジに付け替えるだけです。
通常カートリッジと違う点は、マウスピース部分が長くなってい先端にタバコカプセルを取り付けられるようになっていることだけです。

カートリッジの構造もノーマルカートリッジと全く同じです。カートリッジ本体部分の構造、大きさ、コイル仕様ともに共通です。リキッドチャージの方法も同様で、黒いマウスピース部分を外して、リキッドを補填します。

タバコカプセル装着時の吸い方

たばこカプセルを装着して吸うときには、先端があまり出っ張っていないのでカートリッジのマウスピース部分も一緒に咥えます。しかしメインに咥えるのはたばこカプセルです。

ノーマルカートリッジはマウスピースがマットな質感ですが、タバコカプセル対応カートリッジは光沢仕上げで咥えたときの肌触りの良さアップデートされました。咥え心地が良くなっているのを感じるでしょう。

Easy VAPE Rainbow (レインボー)の口コミ・レビュー

Easy VAPE Rainbow (レインボー)を購入するにあたり、参考になるユーザーの口コミをまとめます。良い点とイマイチな点を紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

口コミが良かった点

  • リキッドの味がしっかり出る
  • 好きなリキッドを味わえる
  • 使い捨てカートリッジなのでメンテナンスがなくて良い
  • 難しい操作がない
  • 安価で手が出しやすい

口コミがイマイチだった点

  • 初期不良ですぐ壊れる
  • カートリッジの初期不良がある
  • ハズレのカートリッジがあり、液漏れする

シンプル操作で好みのリキッドを楽しめるのは大きな利点となっているようです。
また、リーズナブルな価格にも評価が集まっていました。

ですが、初期不良と、カートリッジにも当たりはずれがあるという点は問題です。

本来の性能を発揮できれば優れた製品なだけに、初期不良の厳重なチェック等、メーカーの改善に期待したいですね。

まとめ

Easy VAPE Rainbow (レインボー)も発売以来人気の機種です。

使い捨てPodタイプのVAPEは、面倒なメンテナンスもなく、手軽でコンパクトという点から、大変人気があります。

 

中でもプルームテックの「タバコカプセル」が使用できるという点が、他の機種にない強みで、VAPEファンや、禁煙目的でVAPEをはじめる人「以外」のニーズにも応えています。

しかし、初期不良が多いという印象もあり、この点が課題と言えますが、全体的には良くできたデバイスではないでしょうか。

 

価格も安価で、VAPEをはじめるためのハードルとしてはかなり低いので、サブ機として、またプルームテックの吸いごたえに満足できない方やVAPEをこれからはじめてみたいという方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

VAPEのおすすめはParfum(パルファン)


電子タバコは最近注目されるようになり、アイコスなど電子タバコの中では有名かつ人気なものもあり、その商品の数も増えつつあります。

VAPE(電子タバコ)には色々種類があって、いざ電子タバコを吸おう!と考えても、種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね?そこで今回おすすめしたいのが、Parfum(パルファン)という電子タバコです。

Parfumはこちら

電子タバコは人によって使いにくかったり、「イマイチ」だと思う方もいるかもしれません。
ですがパルファンならそういった不満なく、ガツンと喉にくるキック感や爆煙がまるで本当のタバコのように楽しめます。

Parfumは、ニコチンやタールなどの有害な成分が全く含まれておらず、5種類の香りを楽しめる魅力的なアイテム。

さらに品質管理が徹底されており、厳しい検査の下で国内製造されています。そう考えると、パルファンは安心安全の電子タバコとして楽しむことができます。

パルファンの詳細はこちら

おすすめの記事