VAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)とは?使い方や特徴・口コミをまとめました

 Veco One Plus (ベコワンプラス)の概要

Veco One Plus (ベコワンプラス)は、VAPORESSO(ベポレッソ)より発売されている電子タバコあり、好評だったVeco One(ベコワン)をグレードアップさせたペン型電子タバコ(VAPE)です。

内容電池は3300mAhと非常に優秀であり、外出時の充電切れの心配もありません。

アトマイザータンクの容量も、たっぷり大容量の4mlとなっています。

また、コイルは頑丈なセラミックコイルが採用されており、ハイスペックな電子タバコと言えるでしょう。色はシックなブラック、ホワイトに加えシルバー、ド派手なレインボーの4種類です。

タール及びニコチンは一切含みません。

VAPORESSO(ベポレッソ)のVeco One Plus (ベコワンプラス)は煙の量が多く、リキッドの味がダイレクトに口の中に広がってくれます。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)とVeco One (ベコワン)との違い

VAPORESSOより発売されている Veco One Plus (ベコワンプラス)と従来品Veco One (ベコワン)の違いについてご説明いたします。

まずは、スペックの比較について表にまとめました。

商品名 Veco One Plus Veco One
スターターキット最安価格 ¥ 3,800 ¥ 2,980
カラーバリエーション ・ブラック
・シルバー
・レインボー
・ホワイト
・ブラック

・シルバー

本体サイズ 24.5mm × 120mm 22mm×108mm
材質 ステンレススチール、ガラス、シリコンその他 ステンレススチール、ガラス、シリコンその他
内蔵バッテリー容量 3300mAh 1500mAh
アトマイザータンク容量 4ml 2ml

価格はVeco Oneの方が650円安く、本体サイズも少しコンパクトです。
一方、 Veco One Plus (ベコワンプラス)の方がカラーバリエーションが豊富です。

また電子タバコとしての性能の面ですが、内臓バッテリー、アトマイザータンク量が倍ほどの数値となっており、Veco One Plus (ベコワンプラス)が圧倒的に高いスペックとなっています。価格の差をどう考えるかによりますが、より快適に電子タバコを使用したいという方なら、Veco One Plus (ベコワンプラス)がオススメです。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)Kitのセット内容

  • 本体
  • コイル2個・(EUC ceramic コイル 0.3ohm×1、EUC traditional コイル 0.16ohm×1)
  • 充電用USBケーブル
  • マニュアル
  • 保証書/仕様書

※スターターキットにはリキッドはが付属されていませんのでご自身で準備する必要があります。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)の使い方と注意点

 Veco One Plus (ベコワンプラス)の使い方

VAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)はアトマイザー(リキッドを入れるタンク)に味のベースとなるリキッドを注入し、コイル内のウィックと呼ばれるコットン(綿)に染み込ませたリキッドが気化して発生した水蒸気を吸うという仕組みになります。

まず、コイルをアトマイザーにセットします。アトマイザー のタンク下部を回してコイルを差し込むだけで 交換ができるようになっています。

コイルがセットできたら、次は吸い口部分をひねって取り外し、アトマイザータンクに好みのリキッドを注入します。

リキッドを注入したら、必ず最初は20〜30分間ほど放置してください。 これは、アトマイザーの中にあるコイルにしっかりとリキッドを染み込ませるために必要な工程です。 最初だけではなく、コイル交換をした際にも染み込ませることは必要です。 もしコイルにリキッドが十分に染み込んでいない状態で使用すれば、空焚き状態になるので焦げた味がして本来の美味しさを楽しめません。 最悪の場合にはベイプ自体の故障原因にもなるので、しっかりとリキッドを染み込ませましょう。特に粘度の高いリキッドを使用する場合などはできるだけ長く放置する方が安心です。

また、VAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)は液漏れしづらい設計となっていますが、無理に限界までリキッドを注入すると液漏れしてしまう可能性もゼロではないので入れすぎには気を付けましょう。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)の基本操作

電源のON・OFFはパワーボタンを5回クリックで切り替えることができます。
電源ON→通電→電源OFF以外にできることはないでシンプルな設計です。

充電済みのVAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)のスイッチを押しながら吸うだけで、たっぷりの煙を楽しむことができます。

他、バッテリーの残量が70%以上でファイアボタンの周りのライトが白に点灯、70%未満で青に、30パーセント未満で赤に変化します。

バッテリー70%以上 白に点灯
バッテリー70%未満 青に点灯
バッテリー30%未満 赤に点灯

 Veco One Plus (ベコワンプラス)の充電方法

バッテリーは内蔵型で電池の交換ができない仕様となっています。
ボタン背面に充電用のポートがありますので、そちらに充電コードを繋いで充電します。

付属の充電器や2A急速充電対応のコードであれば急速充電も対応しているようですが、本体への負担を考慮すると付属の充電器で充電してあげるのがバッテリーへの負担が少なく済むかと思います。

普通に使っていれば1年くらいはもつでしょう。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)を使う上での注意点

まず煙の量がかなり多いので、慣れないうちはむせてしまう可能性があるので注意しましょう。しかし、どなたでもすぐに慣れると思いますので心配する必要はありません。

また、アトマイザー のクリア部分はガラス製ですので、落として割れないように注意する必要があります。

懸念点として、スターターキッドに付属されている説明書は英語表記になりますので、気になる箇所は自分で調べる必要があります。

 

 Veco One Plus (ベコワンプラス)対応コイル

VAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)はユニバーサル(EUC)コイルに対応しています。

コイルタイプ ワイヤー 抵抗値 推奨ワット数
traditional クラプトン 0.4Ω 40-50w
ceramic(セラミック) ss316 0.5Ω 20-35w
traditional クラプトン 0.5Ω 35-40w
ceramic(セラミック) ss316 0.6Ω 40-55w

traditionalコイル
比較的に粘度の高いリキッドに適したもので、クラプトンコイルという熱を持ちやすい電線が使われているため、甘さのあるリキッド やタバコ系のリキッドに相性が良いとされています。

ceramic(セラミック)コイル
より雑味が少ない味わいできめ細かいミストが特徴です。通常のコイルに比べリキッド本来の味の再現性が高いと言われます。フルーツ系のリキッド と相性が良く、リキッドの跳ねやドライヒット(空焚き)が起こりにくいです。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)コイルの交換時期

コイルの交換時期としては使用頻度にもよりますが、2週間から1ヶ月が目安となっています。味が薄くなってきた、煙の量が減ったような気がするといった変化が見られた場合は交換時期の目安になります。コイルが弱ってくると吸う際にジュルジュルしたり、リキッドの飛び跳ねが起こったりするので定期的な交換を忘れないようにしましょう。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)の口コミをチェック

今回ご紹介いたしましたVAPORESSOのVeco One Plus (ベコワンプラス)は、高性能な電子タバコとなっています。

実際に使用したユーザーの口コミについてまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

煙の量がしっかりモクモクとしていて嬉しいです。デザインもオシャレで気にいっています。いくつか電子タバコを試してきましたが、これがベストだと思っています。バッテリー、リキッドの容量共に大きいので満足しています。

はじめての電子タバコでしたが、使い方が簡単でした。リキッドも入れやすいですし、漏れもなく安心して使えています。コイルの脱着も楽にできて、コイルを抜けばアトマイザーも丸洗いできるのもいいですね。
何より匂いが気にならないのが嬉しいです。

ものすごい煙の量に驚きました。エアフローを絞っても結構煙の量が多いので爆煙、ミストの質感重視ならこれですね。リキッドの味がダイレクトに伝わってくる感じが気に入っています。

 

いろいろな電子タバコが試してみましたが、個人的にはVAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)が一番気に入っています。1日持ち歩いてもバッテリー切れや液漏れを気にしなくていいことと、リキッドが4mlとたくさん入れられることが大きな理由です。

外出時用に購入しました。以前使っていた電子タバコと比較すると、リキッドの味がしっかりしている印象です。手に持った時の収まり具合や、重量感も好きです。

上記のようにリキッド漏れなどのトラブルが少ない点や、煙の量が多いこと、リキッドの味がダイレクトに届く点で評価されています。またバッテリー容量の多さを特に評価している方が多かったです。

 Veco One Plus (ベコワンプラス)はどこで購入できる?

VAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)の購入方法や、購入できる場所についてご説明いたします。

店頭での購入ですとドン・キホーテでの目撃情報がありますが、扱いに関しては不透明ですので、事前に問い合わせをおすすめいたします。他にはVAPE SHOPで販売されている店舗もあります。

最も確実に購入できるのは通販サイトになります。大手の通販サイトであるAmazon、楽天で購入できます。

VAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)スターターキット の価格

大手通販サイトでの販売価格は以下のとおりです。

Amazon :3,980円
楽天:4,230円
Yahooショピング:4,601円

前モデルのVAPORESSO Veco One(ベコワン)キットはAmazonと楽天で最安2,980円から発売されていました。
VAPORESSO Veco One(ベコワン)キットとVAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス)キットは見た目も似ています。
バッテリー、アトマイザータンク量がほぼ倍になってより進化したVAPORESSO Veco One Plus (ベコワンプラス) キットのほうの購入を考えている、という方は購入時に間違えないように注意してくださいね。

電子タバコの大本命!こんな人にParfum(パルファン)はおすすめ


インフルエンサーも愛用で話題のVAPE・Parfumをご存じですか?
Parfumは、スタイリッシュなデザインとニコチン・タール0で先進的なタバコに代わるリフレッシュができると大注目の電子タバコです。
Parfumはこちら

Parfumは、このような方におすすめ!

禁煙したい・健康への害が気になる方

タバコを吸うとなるとどうしても、健康への害を気にしなければいけなかったり、環境や場所の問題によってタバコを吸いたくても吸えない環境だったりと、色々な問題がつきものですよね。ですがパルファンであれば、ニコチン0・タール0なので気にすることなく好きなだけ楽しむことができます。

タバコを吸いたいけど、吸えない環境でもリフレッシュしたい方

最近ではタバコの規制が厳しくなり、タバコが吸えない場所が多くなってきたり、外に置いてあった灰皿が撤去されている事が多くなりました。

ですがパルファンを使えば、灰皿を探す必要もなく、あなたの好きな場所で吸うことが可能です。

もちろん、パルファンは水蒸気が出ますから、そのため吸ってはいけない場所も少なからずはありますが、基本的にはどこで吸っても迷惑にはなりません。

初めてタバコを吸う方

また、初めてタバコを吸う方であっても、パルファンなら健康への害を気にせずタバコデビューができ、喉にガツンとくるキック感も十分満足できると思います。

しかもパルファンはフレーバーもあり好きな香りを楽しめるので、ちょっと気分をリフレッシュしたい時にもピッタリです。

なのでタバコは吸いたくない…と考えている人にはパルファンがピッタリですよ!

おすすめの記事