パルファン(Parfum)の電子タバコでキマる?パルファンの効果や成分をチェック

近年、飲食店や商業施設の喫煙規制が設けられたり、オーガニックが求められる健康意識の向上から、禁煙を試みる人が多くなってきています。

そんな中で、紙タバコ、加熱タバコの次に注目されている「電子タバコ(VAPE)」が、第3の嗜好品として禁煙目的だけでなく、非喫煙者の嗜みとして使われることが多くなってきました。しかし、「普通のタバコとどう違うの?」「本当は体に悪いのでは?」と思われる方もいるでしょう。
今回は、電子タバコの人気VAPEであるParfum(パルファン)を一緒にご紹介し、解説していきます。
 
 

電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違い

大きく違いの見られる3つを順に解説します。

・吸い殻が出る

電子タバコは、リキッドと呼ばれるフレーバーがついた液体を熱することで発生する蒸気を楽しむものです。タバコ葉を使用しないので、リキッドがなくなったら補充します。

一方、加熱式タバコは、紙タバコのようにライターを使うのではなく、タバコ葉が含まれたスティックを内部と外部から熱します。煙ではなく蒸気を出し、タバコ葉本来の味、香りを楽しみます。
その際、加熱式タバコは一服するごとにスティックを使うので、そこで吸い殻となってでてしまいます。

・含まれている成分

日本国内で販売されている電子タバコのリキッドには、タバコ葉は使用していないため、ニコチン・タールが含まれていません。後ほど詳しく説明していきます。

アイコスやプルームテック、グローなどの加熱式タバコは、タバコ葉を使用しているためニコチン・タールが含まれています。

・味の種類

電子タバコのリキッドは、国内だけでも数百種類あると言われています。またリキッド単体だけでなく、組み合わせて使う楽しみ方もあるので、何千通りの味が存在します。

加熱式タバコは、本体によって種類も数も変わってくるため、選択肢が少なくなります。好みの味が見つけることができればいいですが、こだわりのある方は少し物足りないレパートリーとなりそうです。
 
 

Parfum(パルファン)はタバコの代わりになる?

禁煙したい方にとっては、気になる疑問でしょう。喫煙される方が禁煙するにあたって、難所になるのが「口寂しくなる」「ルーティーン化して生活の一部になっている」ことが多いでしょう。

実際にガムを食べる、我慢する方といった気持ちを紛らわす方が多い中、パルファン含む電子タバコは実際に蒸気を吸って煙を吐く行為がタバコを吸っている感覚となります。また、パルファンはメンソール味も揃えており、ニコチン・タールがゼロのため、罪悪感や違和感が少なく、禁煙にはもってこいです。

※Parfum公式ページはこちら
 
 

Parfum(パルファン)のフレーバーは5種類

フレーバーは5種類展開されています。

・スペアミントメンソール
・ブルーベリーメンソール
・パッションフルーツ
・エナジードリンク
・コーヒー

メンソール味のフレーバーは、スッとくる吸い心地やパンチ感があります。ブルーベリーやパッションフルーツといったフルーツ味は、初めて吸われる方、甘い香りと味を好む方にはおすすめです。エナジードリンクやコーヒーもクセのあるフレーバーですが、しっかりと風味を感じられるフレーバーとなっています。

 
 

Parfum(パルファン)の効果や成分


今まで電子タバコ(VAPE)に関して解説してきましたが、電子タバコの中でもパルファンはリラックスできると言われています。フレーバーのいい香りが特徴的なことから、睡眠の質に繋がったり、美容の調子がよくなるといったストレス改善の一つとして使われる方が多いです。

また、パルファンのリキッドには厳しい基準で国内製造されています。食品完全基準を満たした物だけを使用、日本食品センターでのニコチンやホルムアルヒデド、アセトアルデヒドなど有害物資が含まれていないか検査を行なっているため、安心して使っていただけます。

Parfumは電子タバコ初心者にとってお試ししやすいものになっています。ぜひ気この機会に気になっている方はお試しください。

おすすめの記事