ARASHI 使い捨て電子タバコ(vape)は体に悪い?口コミ評価をレビュー

紙巻きたばこから、加熱式タバコへ移行するユーザーが増え、そして今、喫煙者の流れは紙タバコからVAPE(電子タバコ)への移行をはじめています。

 

VAPEとは、リキッドを電気の力で蒸気に変え、その蒸気を吸い込み楽しむものです。

ニコチンもなければタールも発生しません。

 

デバイスの種類は数えきれないほどあり、ビギナーからマニアまで、多くの人が楽しんでいます。

 

そんな「電子タバコ(VAPE)」を誰にでも簡単お手軽に楽しめるように作られているのが、「ARASHI」です。

 

VAPEに手を出してみたいけど、体に害がないのか心配だったり、まだVAPEのことがよくわからない、といった方たちに、今日は「ARASHI 使い捨て電子タバコ」をご紹介します。

 

結論だけ先に言いますと、ARASHIは「極めて害が少ない電子タバコ(VAPE)」です。

その理由もお伝えします。

ARASHI 使い捨て電子タバコの特徴

 

ARASHIの特徴を一言で言うならば、「なにもしなくて良い」、ではないでしょうか。

 

通常のVAPEですと、デバイスに充電をして、別売りのリキッドを注入してから使用し、何回か使用すれば、掃除やコイル交換などのメンテナンスも必要になります。

 

しかしARASHIにはその全てが必要ありません。

充電はしません、リキッドはすでに内蔵されています。もちろん掃除もコイル交換もありません。

なぜならARASHIは「使い捨て」だからです。

 

ペン型のVAPEであるARASHIにはボタンも無く、使い方はとにかくただ「吸うだけ」。

およそ1200回(紙巻きたばこに換算して100本以上)の吸引が可能で、吸いきったら捨てるだけ、誰でも簡単に使用できる使い捨てタイプの電子タバコ、それが「ARASHI」なのです。

ARASHI 使い捨て電子タバコのフレーバー

 

VAPEといえば、その豊富な種類のリキッドが特徴で、フルーツやスイーツなどの様々なフレーバーが販売されています。ではここでARASHIのフレーバーを見てみましょう。

現在ARASHIのフレーバーは3種類で展開されています。

フレーバー
  • ブルーベリー
  • ストロベリー
  • メンソール

    上記の3つで、どのフレーバーにもメンソールが配合してあり、爽快感を味わうことができます。

    ではこのフレーバーリキッドは一体どんな成分で製造されているのでしょうか?

    ARASHIフレーバーリキッドの成分

     

    ARASHIのリキッドの成分は「植物性グリセリン」、「プロピレングリコール」、「メンソール」などが主です。

    まず「植物性グリセリン」ですが、これは食品添加物や、甘味料、化粧品などに使われる成分で、口に入れても安全と言われています。

     

    「プロピレングリコール」についても市販のおにぎりや、餃子の皮などに使われるものです。

    VAPEの害についてはまだまだ議論されているとはいえ、ARASHIはすべて、植物から抽出した成分だけを使用していますので、比較的害は少ないと言えるでしょう。

    ARASHI 使い捨て電子タバコの口コミ・評価

    ネット上には、すでにARASHIを体験したユーザーの様々な口コミがあります。

    ここでいくつか抜粋と言う形で、ARASHIの良い点、イマイチな点を紹介します。

    良い口コミ・評価

    • 充電いらずのメンテナンスフリーがすばらしい
    • たばこを吸ってる感じがちゃんとある
    • フレーバーがおいしい
    • 初心者でも使い方が簡単

    イマイチな口コミ・評価

    • 1200回最後まで吸引できなかった
    • とにかく「甘い」

     

    イマイチな点が2つしか見当たらなかったのですが、低評価のほとんどが「最後まで吸えない」「リキッドが半分も残っているのに吸えなくなった」という意見でした。

    皆さんだいたい600回ほどの吸引で吸えなくなることが多いようです。

    吸った回数を毎回数えているとは思えないですし、使い方などの違いもあるので一概には言えませんが、その点は今後の改善に期待したいですね。

     

    逆に吸いごたえや味わいについては高評価が多く、「最後まで吸えなかったけど味はおいしい」などの口コミも見られました。

    ARASHI 使い捨て電子タバコは禁煙補助になる?

     

    ARASHIは使い捨ての電子タバコ(VAPE)です。

    VAPEには基本的にニコチンやタールが含まれていませんので、禁煙目的ではじめる方も多いのではないでしょうか?

     

    蒸気を吸い込み、口から「フーッ」と吐き出す様は、たばこのそれと同じような感覚なので、「吸った気分」は味わえます。

     

    ただどうしてもニコチンが入っていないので、身体的に満足感をえられなかったり、たばこ独特の喉に「グッ」とくる刺激(スロートキック)がないので、物足りなさを感じる人が多いでしょう。

     

    その中でもARASHIのフレーバーは、すべてに「メンソール」が配合されているので、喉への刺激という点では多少たばこに近い感じを味わうことができます。

    ARASHIはペン型タイプのVAPEなので、吸うときの仕草もたばこに近いものになります。

     

    喫煙ルーティンが大事で、ホッと一息つける時間などに重きを置いている人にとって、ARASHIは禁煙補助として役に立ってくれるかもしれません。

    まとめ

     

    ここまでで、いくつかの疑問は解決できたでしょうか?

     

    まとめますと、ARASHIは電子タバコで、メンテナンスフリー、リキッドを吸いきったら捨てるだけの使い捨てVAPEです。

    リキッドに含まれる成分はすべて植物由来のもので、食品などにも使われる比較的安全な成分しか使用されていません。

     

    甘めのフレーバーが多く、すべてメンソールが配合されており、味に関しての評価は高いものでした。

    半面、「リキッドを最後まで吸いきる前にデバイスが使用できなくなる」などの意見も多く見られ、品質には多少疑問が残る結果となりました。

     

    「禁煙補助」という観点からは、喫煙しているゆとりの時間を大切にしている人や、口寂しさを紛らわせたい人には有効かもしれません。

     

    VAPEには禁煙目的でなくても、たばこにはないフレーバーが味わえるなどのたくさんの魅力があります。

    誰にでも簡単にあつかえる「ARASHI」からVAPEをはじめてみてはいかがですか?

    ニコチンなし電子タバコならParfum(パルファン)がおすすめ!


    インフルエンサーも愛用で話題のVAPE・Parfumをご存じですか?
    Parfumは、スタイリッシュなデザインとニコチン・タール0で先進的なタバコに代わるリフレッシュができると大注目の電子タバコです。

    タバコにはニコチンが含まれているから、電子タバコにも普通のタバコのようにニコチンが入っているのでは?と疑問に思われるかもしれません。

    ですが、Parfumであれば、ニコチンやタールが一切含まれていなくても、喉にガツンとくるキック感や爆煙を楽しむことができるので、タバコを吸っているかのような感覚で気軽に楽しむことができます。
    Parfumはこちら

    またパルファンには5種類のフレーバーがあり、スぺアミントソール、ブルーベリーメンソール、パッションフルーツ、エナジードリンク、コーヒー、の5つの魅力的なフレーバーの中からあなたに合った好きなフレーバーを選ぶことができます。

    ニコチンや周りを気にせず電子タバコを楽しみたいのであれば、5つの香りを楽しめる電子タバコ、パルファンがおすすめです。パルファンが少しでも気になる方は、パルファンの公式サイトものぞいてみてくださいね。

    おすすめの記事